読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manboardのイタリア写真巡り

旅好きな私がイタリアで撮影した『美しい景色・街並み』をご紹介します!その他、趣味なども記事にします♪

Manboardのイタリア写真巡り

【大人気のバカンス地】美しい海と自然を楽しめるカプリ島【前編】

前回は南イタリアのソレントをご紹介しました!
更新期間が少し空いてしまいましたね...。

今回も同じく南イタリアで、夏のバカンス地として有名なカプリ島の紹介です!
美しい海や自然青の洞窟魚介料理などなど、写真を見ればきっと行きたくなります!
 

行き方・アクセス

カプリ島へはソレントからフェリーが出ています。
ただし、1日に2~3本しか出ていないので、タイムテーブルは事前に確認しておくのが良いでしょう。
以下のフェリー会社公式ページ(日本語なし)をご参考ください。
分かりづらい場合はホテルのスタッフなどに聞きましょう!
ナポリからもフェリーが出ているそうですが、私は利用しなかったので省略します。
 

DSC_5575

船内はなかなか広いのですが団体客が多く、空席を見つけるのは簡単ではないかもしれません....団体客を見かけたら、早めにフェリーに乗りましょう
天気が良い場合は甲板に出て風を感じるのも楽しそうです♪

DSC_6330

そして到着するのはカプリ島の港。
フェリーから降りる前からカラフルな家々や綺麗な海がお出迎え!
バカンスの始まりです!!

到着後の行動

フェリーから降りたらまずは港付近を散歩しましょう!

港付近・ビーチ

DSC_5631
南イタリアがバカンスとして人気な訳は、まさにこの透明度の高い海です!
夏に人で溢れるのも理解できますね〜!
反対側に見えるのはヴェスヴィオ火山です。ナポリが近くにあります。

DSC_5906DSC_5640

夏以外で泳いでいる人はいませんが、付近を歩くだけでも楽しいでしょう(笑)

スーパーマーケット
カプリ島にもスーパーマーケットはありますので、飲み物などはここで安く買いましょう!(カフェで飲み物を買うと高いので)

GoogleMapにはなぜかお店が表示されなかったのですが、
Supermercati Decò』というスーパーがあります。
以下の地図の、Bar Due Golfi...のすぐ隣(マップで左側)にあります。↓↓↓

すぐ近くにバスが停車してくれるので、港からバスでくる場合も非常に行きやすいです♪
スーパーで飲み物補充をしたらまずは少し街を歩きましょう。
中心地
さすが観光地だけあって、プラダなどの高級ブランドのお店もあります。
しかし以前ご紹介した独立国家のサンマリノとは違い、カプリ島では税がかかりますし、
特別なお得感は無いと思います。


ただ一点サンマリノとは違い、カプリ島発の時計ブランド『Capri Watch』があります!

f:id:Manboard:20170518000329p:plain

カプリ島での記念品にもぴったりでしょうね!
 
その他、中心地には協会(Chiesa di Santo Stefano)などもあるのですが、
私は中心地にはカプリ島の魅力をあまり感じれず、長くは滞在しませんでした。
観光にはバスで20分ほどの距離にあるアナカプリの方がお勧めです。
(アナカプリについては後編で!)  
 

DSC_6323

街中にはギリシャかと勘違いするような建物もいくつかあります(笑)

ホテル

人気観光地だけあり、ホテルもかなり多くあります。
個人的に、ホテルは到着する港から徒歩5~10分ぐらいの場所が良いと思います。
港からは坂を上がらなければなりませんので荷物があると尚更大変なのです。
 

私が宿泊したのは『Capri Inn』と言う日本人が経営しているホテルです。
正確にはイタリア人の旦那様と日本人の奥様が経営しているそうです。
ホテルに着いてから知りました(笑)
 
ホテル自体がピンク色なので港からすぐに見つけることが出来ます。
港から徒歩7分程度で着くので、疲労もほとんどありません。
ホテル内にエレベーターは無いものの、荷物は上の階まで運んでくれるので安心です。
オーナーの方が丁寧にカプリ島観光場所や美味しいレストランを教えてくれました。
 

DSC_5585DSC_5594

部屋は白と青で統一されており、とてもお洒落でした。
そして何より眺めが美しい!海や港を一望できます!
子供がビーチで遊んでいる姿を眺めるのも良さそうですね〜♪

DSC_5630

ダンボーもすっかりリラックスしていました(笑)
また、ビーチ(港)近くのホテルに泊まる大きな利点として、朝日を拝めるのです
 

DSC_5881

もちろん外には出る必要がありますが(笑)

この写真は5:30〜6:00amに起床し撮影しました。
山と山の間から顔を出した太陽がビーチを照らし、非常に幻想的でした
ビーチから離れたホテルに宿泊したらこのような景色は見れません

DSC_5855

もちろんダンボーも連れて行きました!良い画になりました〜!

次回の記事は...

今回の記事ではカプリ島の入り口しか紹介できていないので、
次の記事でアナカプリ青の洞窟、そしてレストランについてご紹介したいと思います!

本記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

広告を非表示にする