読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manboardのイタリア写真巡り

イタリアの美しい景色・街並みなどを写真を添えてご紹介します!

Manboardのイタリア写真巡り

絶対に行くべき『歴史ある街』フィレンツェを写真で紹介 Part.3

都市紹介 フィレンツェ

Part.1ではフィレンツェの中心部
Part.2では郊外の観光場所を紹介しました。

ですが、せっかくイタリアに来たら美味しい物も食べなきゃ損ですよね!
今回は実際に私が行き、満足したジェラートレストランを数店ご紹介します!! 

ジェラート(Gelateria)

フィレンツェを歩いて観光する時、片手に地図を持っているともう片方が寂しいですよね?
そんな時にこそジェラートがお勧め!(無理やり)
都市中心部で美味しいお店を2軒ご紹介します!

Carabè

DSC_4841

現地に住むイタリア人に教えてもらったお店です!
ジェラート全て店内で作っているので、とても新鮮
私はマンゴー味やイチゴ味が好きですが、レモンなども程よく酸味が効いてきて美味しいですよ!
中央市場近くなので、以前紹介した牛モツのサンドウィッチ(lampredotto)後のお口なおしに良いのではないでしょうか?
しかし、この辺りは似たような場所が多いので、迷わないようにご注意ください!

詳しい場所は↓↓↓

Perchè no!

DSC_1542

ここはトリップアドバイザーで知り、2016年冬に初めて行きました。
特に美味しいのはピスタチオ味!今まで色んな都市・お店でピスタチオ味を食べましたが、ここのピスタチオジェラートが一番美味しかったです!
ちなみにほとんどのお店でも同じですが、ピスタチオ味だけ追加料金(0.50Euro程度)かかりますので、ご注意ください!(価値ありですよ!)

そして、何と言ってもお店の場所が素晴らしい!大聖堂を見た後、ポンテ・ベッキオへ行く途中にあるのでアクセス抜群です!道を少し曲がるだけなので、とっても分かりやすいです!
店員さんも気さくですよ♪

場所は↓↓↓

レストラン(Ristorante)

フィレンツェにはたくさんお店があるため、選ぶのが難しいという声を友人からよく聞きます。
駅から徒歩10分圏内にある、お勧めのレストランを一軒ご紹介します!

Buca Mario

1886年から営業している老舗です!
現地の大学生から観光客まで、幅広い客層が来店します!
英語メニューだけでなく、なんと日本語メニューも用意してあるので、何も困ることはありません!
以下の写真は2015年4月に訪れた際のものです。

DSC_9393DSC_9396

アンティパスト(前菜)はヴェネツィア(海鮮類)とは違い、肉類が圧倒的に多いです。肉好きにはたまりませんね♪
左の料理は生ハムのサラダ、右はレバーペーストだったと思います!

DSC_9402

パスタラザニアもとても美味しいです!
正直全て美味しく感じてしまうクオリティの高さなのですが、私の一押しメニューはカラスミのスパゲッティです!
写真を撮っていなかったようなのですが、この料理は食べる価値があるので是非お試しください!!
そして、フィレンツェと言ったら....

DSC_9411DSC_9414

Tボーンステーキ、ですよね!!
良い笑顔の店員さんが丁寧に切り分けてくれ、その後胡椒やオリーブオイルで味付けしてくれます♪
しかし見て分かる通り、量がとんでもないです!
以前、友人と二人でこれを注文したことがあるのですが、友人のお腹がすぐに限界に達した為、私が7割ほど食べることになりました。食欲旺盛な年代だったので全部美味しく食べれましたが(笑)
経験から言うと、3~4人がこのTボーンステーキを注文するのに最も適している人数だと思います!(小さいサイズもあったような....?)

DSC_9433DSC_5067

デザートはカゴに乗せて持ってきてくれるので、お好きな物をお選びください♪ お腹一杯の場合は断りましょう!
食後のデザートにはティラミスがお勧めです!甘すぎず、とっても美味しいです!
(そういえば、ティラミスには「私を元気づけて」という意味があるそうです。女性が頼んだら要注意ですね!)

ただし、Buca Marioでは二点気をつけなければいけません。

  1. 結構な人気店なので、予約が必要になる場合があります。私は毎回開店とほぼ同時に行くので、過去4回のうち予約したことは一度もありませんでした。ですが、もし8時以降に行く予定なら、席の予約はしたほうが安心です!
  2. 値段が平均よりも高めです。平均で一品20Euro前後です(Tボーンステーキは例外)。さらに、強制ではないですがサービス代(チップ)も払う必要があるので他のレストランよりも割高になる覚悟は必要です。色々注文する場合、予算は二人で150Euro程度かなと思います。ご参考ください!

Buca Marioの場所は↓↓↓

次回の内容は...

これで一度フィレンツェ紹介は終わります。またフィレンツェに行く事があれば、別のレストランに挑戦したいと思います!

先日、ヴェネツィア仮面カーニバルに初めて行きましたので、次回はその写真を載せたいと思います!良い写真をたくさん撮れましたので、是非ご期待ください!!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

Venezia Carnival w/ Danbo

広告を非表示にする
Booking.com