読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manboardのイタリア写真巡り

旅好きな私がイタリアで撮影した『美しい景色・街並み』をご紹介します!その他、趣味なども記事にします♪

Manboardのイタリア写真巡り

【ポラール】高性能スマートスポーツウォッチ『Polar M600』の特徴まとめ

前回の記事も多くのブックマーク、スターを頂きありがとうございました!
ヴェネツィア・カーニバルのことが少しでも伝わりましたかね?

今回はイタリア関連の記事からは一度離れ、 趣味の記事です!
いつもの様に自分が撮った写真はほとんどないので、お許しくださいm(__)m

つい先週購入したPolar M600というフィットネスガジェットが個人的に大満足な商品だったので、特徴をまとめたいと思います(レビューは後日!)。
この記事は文字主体なので、全く興味がない方にはお勧めできません(苦笑)

f:id:Manboard:20170315214754j:plain

去年、北米から一時帰国した際に某大手家電量販店で2ヶ月アルバイトをしました。
配属されたのは「フィットネスガジェットブース」でした。
そのため多くのメーカーの方とお話しさせて頂く機会があり、各メーカーの得意なこと苦手なことを聞いたのでそこそこ詳しいつもりです(笑)

本記事がフィットネスガジェットの購入を検討中の方のご参考になれば幸いです!!
ポラールジャパン広告部の方から直接聞いた話もあります♪)

フィットネスガジェット?

フィットネスガジェットとは、日常的な歩数や睡眠時間/質などを加速度センサーを利用して記録する機械です。
万歩計の腕に巻くタイプ、と考えていただければ分かりやすいと思います。
健康的な生活を送りたい!」という方に人気なカテゴリです。

Polar(ポラール)とは?どこのメーカー?

フィットネスガジェットの有名なメーカーは
Fitbit(米)Garmin(米)Jawbone(米)Sony(日)などです。

ポラールフィランド生まれで、設立当初から無線の心拍計測機を作っていたメーカーです。
心拍計測において、イオニア(開拓者)と言える存在なのです。

公式サイト→ ポラールの起源 - 弊社について - ポラールについて | Polar Japan

先述した家電量販店で勤務中、ポラール製品を購入してくださったお客様の多くが「良い商品だった」と後日ご来店時に教えてくださったので良い印象がありました。
もちろん、一般の方の意見だけではありません
ポラール広告部の方から教えて頂いた話ですが、「FIFA(サッカー)の審判はポラール社の心拍計測機を着けることを義務付けられている」そうです!

ネットに情報がありました(英語)↓↓↓

現在ポラールのハイエンドモデル製品はプロのトライアスロン・マラソンの選手も使用しているので、十分データの正確さは信頼できると思います!

Polar M600の特徴は?

長々と失礼しました。
M600の特徴は大きく分けて5つあります。

1. 手首で正確に心拍数を計れる!

そもそも、心拍数を知ってどうするの??
商品をご説明中、この質問が一番多かったかもしれません(笑)

まず、最大心拍数を知ってください。
一般的に、『220 - ご自身の年齢』で計算することができます(おおよそですが)。

f:id:Manboard:20170315115349j:plain

例えば、30歳男性の最大心拍数が190拍/分だとしましょう(公式で計算)。
その場合....
運動不足解消なら50~60% → 95~114拍/分
脂肪燃焼が目的なら60~70% → 114~133拍/分
など、目的別に目指す数値が分かれます!!

画像はポラール公式からお借りしました↓↓↓

ランニング強度の目印に。「心拍」トレーニングの基本。/佐藤光子 | Polar Japan


この数値をすぐ手元で確認できたらもっと負荷をかけるべきか」それとも「少しスローペースの方が良いのか」などの情報を知れるわけです!
重要だと思いませんか?
ですから、他の人が速いスピードで走っているからと言って、あなたもそれに合わせる必要はないのです!目的が違うかもしれないから!!

加えて言うと、心拍数はその場で確認することが大切です
自宅に帰ったあとにデータ確認するだけだと、負荷の感覚を体が忘れてしまっているので非常にもったいない!
運動中に数値を確認し、効率よく運動をしましょう!!

f:id:Manboard:20170315120519p:plain

M600の話に戻りますが、多くのフィットネスガジェットは光学式LED(光を肌に当て、手首の血液の量を測る方法)を採用しており、一般的には2つの光学式LEDで計測しています
しかし!このM600は6つのLEDで計測するため、他のフィットネスガジェットよりも正確に測ることができます!(3倍正確というわけではありませんが笑)

計測したデータはPolar Flowを通じ、アプリでもWebでも詳しく確認できるのでとても便利です♪

2. マルチスポーツ機能 + GPS

f:id:Manboard:20170315205253p:plain

M600には初期設定でランニングサイクリングアウトドア運動インドア運動の4つが選べます。
これでは少ないですよね?

もし上記以外のスポーツを計測する場合はアプリから追加することが出来ます。
種類は豊富で、数えるとなんと118種類もありました(笑)
乗馬やヨット、スキー、ヨガなどなど。載ってないスポーツはあるんでしょうか??

M600GPSを搭載しています。
結構正確なので、走ったルートを知りたい場合にはお勧めです!
GPSは電池消耗が激しいので注意してください!)

ランニングやサイクリングを選び計測を開始すると、心拍計測LEDとGPSが起動します。
テニスやインドアスポーツの場合は心拍計測LEDのみです。
サイクリングと比べると電池の減る具合が全然違うので、自分にあったスポーツプロファイルを選択しましょう!

3. 通知機能!(Android Wearの機能)

スマートフォンを鞄に入れててつい電話や重要なメールに気がつかなかった」なんて経験ありませんか?私は結構あります(笑)

Polar M600Android WearというOSで動いているので、bluetooth接続しているデバイススマホタブレット)に電話やメールなどの通知が来た場合、即座に振動で教えてくれます
Gmailは全文読むことができるので、満員電車などの手首以外動かせない環境でかなり重宝します!
InstagramFacebookなどのSNSの通知も確認できるのもとても便利です♪

4. 追加アプリの豊富さ!(Android Wearの機能)

Android機器(スマホタブレット)とM600bluetooth接続すると、Google Playからアプリの追加をすることが出来ます。

例えば、最初からインストールされているのは音声検索アプリ・地図アプリ・天気アプリ・翻訳アプリなどの、頻繁に使うとは言いづらいアプリのみです。
(もちろんPolar Flowも入っています)
しかし、Google Playには個人が製作したアプリが数多く揃っています。その数200万!
これだけあれば、お気に入りのアプリが5個10個あっても不思議ではありませんよね!

詳しくは別の記事で紹介したいと思います!

5. 防水性!

f:id:Manboard:20170315205605j:plain

フィットネスガジェットを選ぶ際、かなり気になる点ですよね。
私が家電量販店で勤務していたとき、何人ものお客様に「水没しちゃった」と言われたことがあります。
メーカーによっては防水性がかなり弱い場合がありますので...。

しかし、M600防水性最高クラスのIPX8!!(IPXは防水性の指標)

IPXは0〜8の段階で級分けされます。つまり、M600は 「継続的に水没しても内部に浸水しない」、最高レベルの防水性を備えています!
シャワーだけではなく、プールでの水泳にも全く問題なく使えます! 

ご注意頂きたいのは、高い防水性と言ってもM600は海での利用は推奨されていません
ポラールのハイエンドモデルトライアスロン選手が使うV800はそれ用にデザイン・設計されているので大丈夫だとは思いますが、M600はあくまで『プールでの使用』を想定されて作ってあります。
ですから、海で使って壊れた場合の保証があるかは分かりません...。

6. 電池持ち!

量販店で勤務中、「スマートウォッチに興味あるけど、電池が1日も持たないんでしょ?」という意見を多く聞きました。
大抵のスマートウォッチはそうです。毎日充電しないといけません。

しかし皆さん、朗報です!
M600のバッテリーは500mAhの大容量
最近のスマホは3,000mAhだけど?」という方、比較対象を他のスマートウォッチにしてください

Huawei Watch300mAh
Apple Watch Series2273mAhです。

比べると500mAhという数字がいかに大きいか分かると思います。
通常スマホほど電池消耗が激しくないので、たとえバッテリーの容量が 1/6 でも長時間稼働できます。

公式ではAndroid機器と接続すると2日間iOS機器と接続すると1日と書いてあります
(レビュー記事で詳しく書きますが、iOS接続でも2日間持っています)。
しかも、充電速度もかなり早く、約70分程度でフル充電ができます。
朝、遅めに起床し「電池が少ない!」という場合でも短時間で50~60%程度まで充電できるので安心です!

次回の記事は....

今回の記事でPolar M600の特徴が少しは伝わったと思います。
次はM600を一週間使用してのレビューを記事にします!
個人データも載せるので、ご参考頂ければ幸いですm(__)m

本記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

広告を非表示にする