読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Manboardのイタリア写真巡り

旅好きな私がイタリアで撮影した『美しい景色・街並み』をご紹介します!その他、趣味なども記事にします♪

Manboardのイタリア写真巡り

【ローマに初めて行くなら】お勧めしたい王道観光名所7箇所とレストラン!

久しぶりの投稿です。試験期間の3週間ほど、ブログをお休みさせて頂きましたm(__)m
前回の記事も多くのブックマークをありがとうございました!

またゆっくりとブログを再開したいと思います!
今回はイタリアの首都、そして観光地として大人気ローマをご紹介します♪

王道観光場所7箇所

ローマはとても大きい街です。
観光地が多くあるため、「どこに行けばいいか分からない」という話をよく聞きます。
今回は私が初めてのローマで実際に訪れ、ここさえ抑えれば後悔しない!と思う観光場所をご紹介します。

1. コロッセオ(Colosseo) & ファロ・ロマーノ(Foro Romano)

f:id:Manboard:20170418180432j:plain
ローマと言ったらまずはコロッセオ
8世紀頃、とある英修道士が...

When the Colosseum will be destroyed, Rome will be destroyed and when Rome will be destroyed, the world will be destroyed.

コロッセオが滅びるときローマが滅び、ローマが滅びるとき世界が滅びる)

なんて言ったほど古代ローマを象徴する偉大で重要な建物です。
実際にはコロッセオの前にローマ帝国が滅亡しましたが(笑)

f:id:Manboard:20170418180428j:plainf:id:Manboard:20170418180429j:plain
その人気さから、入場チケットを購入するために1時間並ぶこともざら...。
辛抱強く行きましょう!
チケットは結構丈夫な(?)素材なので、お土産として持ち帰りましょう♪

f:id:Manboard:20170418180431j:plain
収容可能人数はなんと約50,000人!国立競技場や東京ドームとほぼ同じ人数です!
こんな巨大建築物を1,900年以上前に作っていたローマ帝国の建築力が伝わってきます....!

f:id:Manboard:20170418180430j:plain
コロッセオ剣闘士(Gladiator)動物犯罪者などを戦わせる競技場で所謂『民衆や貴族の娯楽』でした。

写真で観光客が乗っている場所(舞台)へ地下(むき出し部分)から猛獣が
人力エレベーターで上げられ、戦っていたそうです。
地下の構造を見せるために、競技をしていた舞台は1/3程度しか残っていません。

f:id:Manboard:20170418180433j:plainf:id:Manboard:20170418180434j:plain
コロッセオを一通り周った後は是非、すぐ横にある遺跡『ファロ・ロマーノ』も見てください!
ここはコロッセオと1セットと言っても良い観光場所です。

昔は経済、そして政治の中心だったこの地域は西ローマ帝国滅亡後(5世紀)に
廃墟となり埋もれてしまったそうです。
しかし、19世紀頃に発掘が始まり今では大部分が掘り起こされました。

例えば右上の写真はアントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿(Tempio di Antonino e Faustina)
建築されてから約1900年経っていますが、このように綺麗な状態で保存されています。

f:id:Manboard:20170419233741j:plainf:id:Manboard:20170418180435j:plain
ちなみに遺跡近くには庭園(IL Giardino Boni)もあり、天気が良い日は散歩が楽しいですよ♪

2. 真実の口(Bocca della Verità)

映画『ローマの休日』をご存知でしょうか?
オードリー・ヘプバーンの可愛い演技が魅力的なローマで撮影された映画ですが、
この映画のワンシーンに登場するのがこの『真実の口』。

f:id:Manboard:20170418194157j:plainf:id:Manboard:20170419233742j:plain

もともとは下水溝のマンホールだった、というのは有名な話ですね。
偽りの心を持つ者がこの口に手を入れると、抜く時に手首が噛み切られてしまう」と言われています。
こちらも人気な観光場所なので常に多くの人が並んでいます。

*注意事項!
以前までは『真実の口』の横に募金箱が置いてあり、寄付するもしないも自由だったのですが、2016年8月から強制的に一人2Euro払うことになりました。
コインを持っていくのをお忘れなく!

さらに言うと『真実の口』は教会に置かれていますので、教会のマナーを守る必要があります。
つまり、過激な服装は禁止!です。
半袖半ズボン、タンクトップなど露出が多い服装で行かないように気をつけましょう。
追い返される可能性があります。

3. ヴィットーリオ・エヌマエーレ2世記念堂(Altare della Patria)

f:id:Manboard:20170418180437j:plain
名前の通りですが、『イタリア王国』を成立させたヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の偉業を讃えるための、そして戦士達のお墓としての役割を持つ建物です!
壁や柱はほとんど大理石で作られていて高級感があります。

建物自体もカッコイイですが、何より素晴らしいのは建物の屋上からローマを一望できることでしょう!(有料 7Euro程度)
ここから夕日を眺めるのは最高の贅沢だった」、と北イタリア出身の友人は言っていました。
(地元の人はその外観から建物自体を好ましく感じていないそうです笑)

また、内部には多くの彫刻などのコレクション品が揃っているので (友人談) 博物館巡りが好きな方にもお勧めできる場所です!

f:id:Manboard:20170418180436j:plain
国王像はRPGゲームに登場するボスのような風格! 

4. 市庁舎《別名: セナトリオ宮殿(Palazzo Senatorio)》

f:id:Manboard:20170418180438j:plain
こちらは市庁舎。なんだか記念堂よりお洒落感が増していますね!
結構長い階段を登る必要があるので大変ですが、市庁舎へ向かって右脇の小道を通った先からは前述したファロ・ロマーノの全景が見れます
夕暮れ時のローマと遺跡の写真を撮りたい場合などに良い撮影スポットだと思います。

記念堂と違いお金をかけずに高い位置から街を見れるので、お金を節約したい人にもお勧めです(笑)

5. パンテオン(Pantheon)

f:id:Manboard:20170418180439j:plain
ギリシャにあるパルテノン神殿』とお間違えなく
こちら、パンテオンはローマのマルス広場に位置しており、110~120年代に建てられた神殿です。
紀元前に作られた物が焼失した後、再建されたとのこと。

f:id:Manboard:20170418180440j:plainf:id:Manboard:20170418180441j:plain
「一体この神殿の何が凄いのか?」
写真を見て頂ければわかると思いますが、なんとドームを支える柱が中央に存在しないのです!
素材は石なので相当な重さがあるのにも関わらず、1900年も形を崩すことはない。
レオナルド・ダ・ヴィンチが「これは宇宙人が作った物だ」と称した、なんて話を聞いたことがありますが、確かにこれほどの規模で柱がない建物なんて現代でも珍しいのではないでしょうか?

f:id:Manboard:20170418180442j:plain
天井に空いている穴から太陽光が差し込み、時間がわかる設計だそうです。
さらに、床には排水機能が設けてあることにも驚きます。
パンテオンコロッセオと同じようにローマ帝国の建築技術を証明する神殿であることは間違いありません!

6. スペイン広場(Piazza di Spagna)

f:id:Manboard:20170418180445j:plain
この場所も映画『ローマの休日』で一躍有名になった一つではないでしょうか。
オードリー・ヘップバーンがこの広場でジェラートを食べているシーンに憧れ、訪問する人も多いはずです(私はその一人でした笑)。

f:id:Manboard:20170418194159j:plain

(映画『ローマの休日』より)

しかし残念なことに、マナーの悪い観光客が多くなったのが原因(?)で
スペイン広場でジェラートを食べることは禁止となっていますので、ご注意ください。

f:id:Manboard:20170418180444j:plain
このスペイン広場では写真を白黒にするだけで映画の雰囲気になります
記念に写真を撮るなら、是非モノトーンにして『ローマの休日風』の写真に仕上げましょう♪

f:id:Manboard:20170418180446j:plain
広場近くにあるこの噴水は『舟の噴水(Fontana della Barcaccia)』と呼ばれています。
願いを込めてコインを投げる」ことが習わし(?)となっているよう。
手前の女性のように、飲み水を汲むこともできます(多分飲める笑)。

7. トレビの泉

f:id:Manboard:20170418180443j:plain
そして最後に『トレビの泉』。
昔は「美味しい水」として飲まれていたそうですが、現代でここの水を飲んでいる人はまずいません(笑)

『トレビの泉』でやる事と言ったら硬貨を投げ入れること。
しかし、実は投げ入れる枚数によって意味が違います

1枚だと「もう一度ローマへ戻って来れる」←私は1枚でした
2枚だと「大切な人と長く一緒にいられる
3枚だと「彼氏/彼女、夫/妻と別れられる」です!

多く入れれば良いと言うわけではないので、ご注意を!
あと通常硬貨は後ろ向きで投げ入れるのですが、外す方が難しいです(笑)

投げ入れられた硬貨は後で回収され、チャリティー団体に寄付されるそうです♪

レストラン

それでは歩き疲れたところでレストランの紹介をします!
値段は高めですが、ローマで是非行って欲しいレストランです!

SABATINI(サバティーニ)

1958年から営業している老舗です。
(調べたら日本や中国にも出店しているようでビックリ)
オーナーは3人兄弟で、テーブルに座ると末っ子のオーナーさん直々に挨拶に来てくれました。人が少ない時間帯だったからだと思いますが凄く愛想の良い方で、
安心して食事ができる雰囲気に感じれました。

二人だったのであまり料理は多く注文しませんでしたが、ご紹介します。

f:id:Manboard:20170418180449j:plain
まずはアンティパストミスト(前菜の盛り合わせ)!
ヴェネツィアのアンティパストのように海鮮類の前菜です。新鮮で美味しい!

f:id:Manboard:20170418180452j:plain
そして野菜&フリット(揚げ物)!
このフリットが絶品!ぷりっぷりの車海老がもの凄く美味しいんです!!
殻は取り除いてあるので、安心して一思いに口に入れられます!(味わいましょう笑)
しかし、なんと言っても今回のメインは....

f:id:Manboard:20170418180451j:plain
海鮮のスカンピ入りパスタ!!
以前、ヴェネツィア紹介の記事でスカンピについてご紹介しましたが、
スカンピとは高級食材の手長海老です。

生で食べるのも良いのですが、手長海老は美味しいダシが出るんですよね!
サバティーニのパスタは今まで食べた多くの海鮮パスタの中でもトップクラスに美味しかったです!!

f:id:Manboard:20170418180450j:plain
しかもイケメンイタリア男子が取り分けてくれますよ!女性には最高のサービスなのでは!?(必ず彼がいるとは限らないので、ご注意を!笑)

 

サバティーニはローマ内のレストランの中でも値段は高い部類に入りますし、料理を取り分ける以外の特別なサービスがあるわけではないので、どこか物足りなさを感じる人もいるかもしれません。
しかし、ローマの有名老舗レストランで雰囲気を楽しみながら美味しい料理を食べたい方には一度行くのをオススメしたいです♪
少なくとも、東京青山のサバティーニ2倍近い値段を出すよりはローマ本店に行くべきです(笑)

おまけ: 夜のローマ

写真は昼ばかりでしたが、夜のローマも非常に美しいです。
前述したパンテオンコロッセオ、スペイン広場では照明のおかげで昼頃とは別の魅力を感じれます
写真を撮っていなかったのが残念ですが...。
ただブラブラ〜と街中を歩くのも楽しいです♪

f:id:Manboard:20170418180453j:plain
私が行った日にはこんな風に市場を開催していました!
食後に少し散歩するなんてどうでしょうか?
ただし、治安を考えるとひと気が多いところがオススメです(苦笑)

次の記事は....

以上、ローマについての紹介でした!
イタリアでも人気スポットですし、観光名所が多いので1日2日と言わず4, 5日滞在するのも選択肢として大アリだと思います!
穴場スポットについては、また別の機会でローマを訪れた後に記事を書きます♪

次回は南イタリアの『ソレント』をご紹介したいと思います♪
町中にレモンの木が咲いている、なんとも美しい町です!

本記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

広告を非表示にする
Booking.com