Manboardのイタリア写真巡り

旅好きな私がイタリアで撮影した『美しい景色・街並み』をご紹介します!その他、趣味なども記事にします♪

Manboardのイタリア写真巡り

美しくも楽しい『水の都』ヴェネツィアを写真で紹介!(前編)

最初の記事では『水の都』『アドリア海の女王』として世界的に有名なヴェネツィアを写真付きでご紹介したいと思います!

皆さんはヴェネツィアと言ったら何が思い浮かびますか?
今では観光やイベントがメイン(?)ですが、昔は貿易がすごく盛んだったりで歴史ある地域なんですよね。

私は過去5回訪れましたが、毎回裏路地の雰囲気海鮮類の美味しさに感動しています!大好きな街の一つです!

f:id:Manboard:20170214224700j:plain 

ヴェネツィアの玄関

ヴェネツィアの玄関となるのがサンタ・ルチア駅
駅を出たらすぐ目の前に水上バス乗り場があるので、基本はそれに乗り移動します。

f:id:Manboard:20170214224710j:plainf:id:Manboard:20170215171842j:plain

左の写真の真ん中にあるのが駅です。外見は美術館の入り口の様でオシャレですね。
右の写真が水上バス乗り場です(写真の場所は駅の水上バス停ではないです)。看板が黄色なのでどこにいても分かりやすいので有難いですね〜!
水上バスのチケットは1日乗り放題が25~30Euroぐらいで、購入場所は駅を出て左側にチケットブースがあります。場所で言うと、左の写真で見える木近くです。
英語が話せるスタッフもいるのでイタリア語が分からなくても大丈夫です!

お勧め観光場所

それは早速ご紹介します!

サンマルコ広場

ヴェネツィアで一番大きい広場、サンマルコ広場は観光名所の一つです。
観光スポットとして絶大な人気を誇る場所なので他に行きたい場所が思い当たらなければ、とりあえず向かうのもアリだと思います。大きい塔が目印ですよ!

水上バスでスムーズに広場へ行くのも楽しいですが、私はあえて徒歩で行くのをお勧めします!
ヴェネツィアは小さい島々の集まりですが、島と島の間に橋が架かっているので元気と時間さえあれば端から端まで歩いていけます!(もちろん全ての島に橋があるわけではないですが....)

f:id:Manboard:20170214224708j:plainf:id:Manboard:20170214224705j:plain

歩きだと、水上バスからは絶対に見れない裏のヴェネツィア』が見えてくるのでお勧めです!
上の2枚はサンマルコ広場へ行くルートとは少し離れていますが(^^;)

他にも....

f:id:Manboard:20170214224712j:plainf:id:Manboard:20170215011256j:plain
f:id:Manboard:20170214224701j:plainf:id:Manboard:20170214224702j:plain

こんな感じの、水上バスからは見えないヴェネツィアが見れます!
細い水路を眺めるのはワクワクしますね!これぞヴェネツィアです!!
もちろん、水上バスがダメということではないです。中々できない体験なので水上バスにも乗ってみるのも楽しいですが、どこ行くにも同じ移動手段だと飽きることも多いので!

夜のサンマルコ広場では是非Caffe Florian(カフェ・フローリアン)で生演奏を聞いてください!歴史あるカフェで、創立はなんと1720年ヴェネツィアでも最も歴史あるカフェです!

f:id:Manboard:20170214224707j:plainf:id:Manboard:20170214224706j:plain

ただ、席に座ってエスプレッソを注文するだけで一人約15Euro かかります。高い!
演奏は野外でやっているので、立ち見している人も結構多いです。
ですが、せっかくのヴェネツィア。『水の都最古のカフェ』でゆったり座りながら生演奏を聴く贅沢を味わってはいかがでしょうか?
風が強いと寒いので注意が必要ですが!(笑)

ムラーノ島

f:id:Manboard:20170215011258j:plainf:id:Manboard:20170211201444j:plain

本島から水上バスで40分ぐらい離れた所にある小さい島です。
昔この島では漁師が多く、「海からでも自宅が分かるように」という理由で塗装されたカラフルな家が並んでいます。

f:id:Manboard:20170215171840j:plain
この様なオブジェも置いてあったりするので、ただブラブラ散策するだけで楽しい場所です!私はいつも2~4時間ぐらい散策しています(笑)


そして何より、
ヴェネツィアンガラス
が有名な場所です。
ここ、ムラーノ島は現在も職人さんがヴェネツィアンガラスを生産している所です!一部では体験もできるそうですよ♪
ムラーノ島には5Euro程度のお土産から、数千Euroするようなシャンデリアまで幅広い値段のヴェネツィアンガラスが揃っているので、とにかく歩いて色んなお店を廻るのがのが楽しいですよ♪
お揃いのアイテムも多いのでカップルの方はもちろん、親へのお土産にもお勧めです!

f:id:Manboard:20170215011257j:plainf:id:Manboard:20170215171839j:plain

左の爬虫類の置物もガラス製なんですよ!細部まで拘っているのが伝わってきますね。
右のシャンデリアも惚れ惚れする美しさでした...。

写真をこれ以上貼ると重くなってしまうので、レストランやホテルの紹介は後編に!

広告を非表示にする