Manboardのイタリア写真巡り

旅好きな私がイタリアで撮影した『美しい景色・街並み』をご紹介します!その他、趣味なども記事にします♪

Manboardのイタリア写真巡り

美しくも楽しい『水の都』ヴェネツィアを写真で紹介!(後編)

前編ではお勧めの観光スポットをご紹介しましたので、今回はお勧めのレストラン&料理、そしてホテルをご紹介したいと思います!
前編をまだ見ていない方は是非どうぞ!↓↓↓

レストラン

f:id:Manboard:20170217230148j:plain

ヴェネツィアは海鮮料理が美味しい地域です。
イタリアでは「前菜の盛り合わせ(Antipasto misto)」を注文するとその地域で美味しい物が出てきます。フィレンツェでは肉類ヴェネツィアでは海鮮類といった感じです。
さらに、ヴェネツィアにはBacaro(バカーロ)と言われる立ち飲みのお店が多く存在します。何も『立ち飲み専用』ではなく、『入り口が立ち飲み用で、奥には座席』という珍しいタイプです。
バカーロの利点は圧倒的に安上がりという点です!なんとサイドディッシュが1〜2Euro!!ワインも1杯1.5Euro程度です!
しかし、立ち飲みしているのは現地の人が多いので、英語しか喋れないとちょっと気まずいです(苦笑) 私はまだ試せていません!

では早速ヴェネツィアで自分が実際に食べに行ったお店をご紹介します!

Ai Promessi Sposi

f:id:Manboard:20170218001245j:plain

裏通りにある、予約しないと当日の入店が難しいお店です!
このAi Promessi Sposiもバカーロタイプのお店で、入り口付近は立ち飲み専用スペースです。
「イタリア語が喋れず予約が出来ない!」という方は(私もそうでしたが)、開店前に行くのをお勧めします!
開店は19時(曜日によって違います)なのですが、イタリア人が予約している時間は20時半以降が多いのです。その為、運がいいと「1時間半ぐらい」の制限付きで入店出来ます。
保証は出来ない方法なので第二の選択肢も用意しておくと安心ですね。

長々と失礼しました、早速料理の写真を貼ります!

f:id:Manboard:20170214224709j:plainf:id:Manboard:20170214224711j:plain
「魚介料理に赤ワインは邪道」なんてイタリア人に言われたこともありますが、まず赤ワインが飲みたくなってしまったので...ちゃんと後で白ワインも頼みました。ここのハウスワイン美味しいですよ!
フリット(揚げ物)もサックサクで美味しいです♪ 特にイカが!

f:id:Manboard:20170214224703j:plainf:id:Manboard:20170215171841j:plain

ヴェネツィアでは是非イカスミのパスタを食べて頂きたいです。もう絶品!歯が黒くなることなんて忘れて夢中になってしまいます!
右の写真は生のスカンピ(手長海老)です!スカンピは高級食材で海鮮パスタに入っていることもありますが、ほとんど茹でてある物です。新鮮だからこそ生で食べてください!旨味が凝縮されています!

値段はこれだけ食べても約40Euro! 大満足の値段と質です!!
お店の雰囲気も賑やかで楽しいですよ♪

Osteria Al Diavolo E L'acquasanta

f:id:Manboard:20170217230147j:plainf:id:Manboard:20170217230150j:plain

長っい名前ですね(笑)
ここも現地の人に人気のお店です。つまり、美味しい!!
見ての通り、このお店も裏路地にありますので隠れ家的お店です!
先ほどのお店とは違い、ここは店内が狭いのでバカーロはバカーロでも外で立ち飲みするタイプのようです。当日、お店の外でワインを片手にご年配の方が楽しそうに話していました。

f:id:Manboard:20170217230152j:plain
この様に、日本語のメニューがあるので、安心して注文できますよ!
私が注文した料理は...

f:id:Manboard:20170217230151j:plainf:id:Manboard:20170217230149j:plain
左が前菜の盛り合わせ、右が『ビゴリ・イン・サルサ(イワシと玉ねぎの太麺パスタ)』です。
『ビゴリ・イン・サルサ』は店員さんからお勧めされました。私も初めて聞いた料理名だったのですが、なんでも地元の漁師たちが食べる料理だそう!ヴェネツィア限定料理ですね!

f:id:Manboard:20170217230146j:plain
デザートは一種類しかないのですが、その季節によってラインナップを変えているようです。私が行った時はカボチャのタルトでした。カボチャ好きなので大満足でした!

この3品とワイン3杯で、約50Euroだったと思います。
店内で仲良くなった観光客とワイワイ盛り上がって、ワインをいつも以上に頼んでしまったのが高額な原因ですかね(苦笑)

ホテル

食欲が満たされた(イメージでのみで)ところで、次はホテルをご紹介します!
是非ご参考ください!

格安ホテル(四つ星!)

2015 年4月上旬にヴェネツィアを訪れた際、本島とは少し離れた場所に位置する『リド島』にあるホテルを予約しました。
この時は母と一緒にヴェネツィアを訪れていたので、疲れが取れるようにバスタブ付きのホテルを探しました。
そしてbooking.comで見つけたのが『ル・ブルバード(Le Boulevard)』というホテルです。

f:id:Manboard:20170214112250p:plain
(外観の写真を撮っていなかったので、booking.com公式からの引用です)

そして、なんと値段は一泊2人部屋が52.50Euro!!!

f:id:Manboard:20170214112252j:plain

仮にも四つ星ホテルなので、Booking.comで見た時は何かの間違いかと思ってしまいました(笑)
美味しい朝食バイキングがついてこの値段です!
あまりのコスパに感動し、母が帰国した次の日も自分一人で予約しましたが....

f:id:Manboard:20170214112251j:plain

22.50Euro!!
ヴェネツィアでこんなお得な宿があったなんて...。
しかも偶然にも空きがあるからという理由で1人なのに3人部屋へ無料アップグレード!!!

f:id:Manboard:20170214224704j:plain

「いやいや、安さには理由があるはず。部屋がボロボロじゃないのか??」と思われる方がいて当然ですよね。
ですが写真を見て頂ければわかる通り部屋は綺麗ですし、実際宿泊してみた感じでは全っく不便はなかったです。スタッフも親切でしたし、朝食のバラエティーも豊富で味も美味しい。
何より、高級ホテル以外でバスタブがあるのは珍しいですよ!ヴェネツィア巡りの疲れも吹っ飛びます♪

ただ本島やサンタ・ルチア駅から遠い(水上バスで20~30分ほど)ので、それだけ覚悟してください(笑)
私はチェックアウト後も余裕に感じていましたが、あと2分でヴェネツィア発の高速列車を逃すところでした(苦笑)

ヴェネツィアに行く予定のある方は日程を検索してみてください!早く予約すれば、その分安上がりで済みます!
Booking.com

高級ホテル(五つ星!!)

もし、「ホテルにお金を惜しまない」または「高級ホテルに宿泊してみたい」という場合は 『ウェスティン・ヨーロッパ&レッジーナ(The Western Europe & Regina)』がお勧めです。
公式サイト(日本語) ↓↓

このホテルにはずっと前に一度だけ宿泊したことがありますが、ホテル中が大理石だったり、ホテル入り口へはゴンドラで行く必要があったり、とにかく高級感があります!
というか実際高い!(笑)
朝食のバイキングに出されていたクロワッサンに感動したのを未だに覚えています。朝食も圧倒的なクオリティです。もちろん、五つ星クラスになるとバスタブは付いてます(笑)疲れもバッチリ取れますよ!

記憶が少し曖昧ですが、私がこのホテルに宿泊した時にはちょうどオーストリア王室の親族が宿泊されていました。王室関係者が宿泊するほど貴族的なホテルです!
きっと良い思い出、そして旅行話になりますよ♪
私もまたいつか宿泊したいです...。

興味がある方、または値段だけでも知りたい方は是非ご検索ください!
Booking.com

終わりに...

さて、まだまだ紹介したりないですがヴェネツィア紹介は一度終わります!
紹介したい場所はたくさんあるのですが、もう写真がありません!
またヴェネツィアを訪れた際、写真をたくさん撮って紹介します!ごめんなさい!

次は同じく大好きな街の一つ、フィレンツェの写真を載せたいと思います!

Panorama of Firenze

広告を非表示にする